お知らせ

2018年9月

  • 2018年9月5日

    相信設計技術部のSです。
    私は、8月31日を持ちまして60歳の定年を迎えることが出来ました。これもひとえに関係者皆様のお陰であると感謝するとともに、健康?な身体に産んでくれた両親にも感謝する次第です。
    約32年前、設計の仕事としては、トレッシングペーパー(A1図面)にタイトル版のゴム印を押すことから始まりました。まっすぐむらなく押さなくてはならず、とても緊張したことを覚えています。当時の設計図面は、当然ですがCADではなく手書きであったため、一枚仕上げるのにかなりの時間がかかっていました。(図面は、A1のトレぺにドラフターを使用してホルダーの鉛筆で書くのが基本) その図面を青焼き機でコピーするのですが、機械の調子が悪いときは、原図が詰まってぐちゃぐちゃになってしまい、途方に暮れて涙を流したことも多くありました。これらは、今思うとすべて楽しい思い出です。
    定年について人の考え方はさまざまですが、60歳はさすがに早いと思います。当然ですが自分もまだその実感がありません。(奥さんに貰った還暦祝いの赤いパンツも穿きません)
    これから先も、相信設計にお世話になり健康に留意して頑張って仕事をしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
    しかし、残念ですが給料明細を見たときに、定年を少しだけ実感するかもしれません。

  • 2018年9月5日

    横浜市建設コンサルタンツ協会は横浜市環境創造局と地震発生時の協力体制として、下水道BCPに取り組むことを申し合わせています。下水道BCP(BusinessContinuePlan)は横浜市内のどこかで震度5強以上を観測するような地震が発生した場合、主に交通機能の確保、トイレ機能の確保、汚水溢水の解消を目的に策定された計画ですが、本協会では発災72時間において〝0次調査〟として市内12,000kmの管路や人孔等の状況を踏査し、状況をいち早く対策本部に連絡し、早期の機能回復に努める役割を担っています。
    同協会に加盟しております当社では調査に必要な物品の整備を進めるほか、地震発災時の連絡体制及び行動手順の申し合わせ・調査区域及び調査ルート等に関する社内会議を実施し、地震発災時の確実な実行を目指しています。