お知らせ

2022年2月

  • 2022年2月3日

    職場のハラスメントについては、2022年4月1日より中小事業所においても防止対策が義務化されることになりました。当社においてもパワーハラスメントともとらえられる事象が散見されることも有り、以下のように取り組んでいます。

     

    1)ハラスメント防止に関する規則の改定
    ハラスメント防止に関する規則は2018年に作成済でしたが、苦情の受付窓口や受付方法、問題発生時の処理手順などを明確にし、実効性を伴う内容に改定しました。

    2)ハラスメントに対する〝ご意見箱〟の設置
    ハラスメントと思われる事象がみられたり疑われる状況が発生したりした場合、状況を速やかに把握できるよう、〝ご意見箱〟を設置する事にしました。

    3)社内研修会の開催
    令和4年1月26日に社員全員を集め、社会保険労務士に依頼してハラスメントについての研修会を開催し、ハラスメントへの理解を深めました。

     

     

    4)継続的な監視
    ハラスメントに対する苦情受付窓口を業務部とし、毎月実施の業務部会議で状況を報告し継続的に監視していくこととしました。

     

    職場で起こり得るハラスメントの種類は40とも50ともあるとされており、今後どのような場面でどの程度のことが起こるか判りません。こんなこともハラスメントになるの?ということも、将来大きな問題になる可能性があるということを念頭に、些細なことも見逃さず真摯に取り組んでいく決意です。

     

    2022年2月1日
    代表取締役社長 園田 宏